その気にさせるマネジメント

NBAに一巡目で指名された八村塁選手の快挙が話題になっています。


歴史的な快挙であり、すごいの一言ですが、私としては「そのストーリー」に興味が湧きますね。


中学初めまではバスケ無経験の選手が、同級生の勧めでバスケを初め、その才能を開花させていく・・というものですが、その背景に「中学の恩師の存在」があり、その先生のマネジメント無しで語れないというものです。


報道で見ましたが、その先生の携帯に直接連絡もされていました。

インタビューでもネイティブな英語で答えておられましたし、その努力だけてスピンオフが出来るくらいですよね。


恐らくそのバスケの才能などは、分かる人が見れば疑う余地のないものだったのだと思うのですが、コーチとして優れているのは「才能ある人をその気にさせる技術」だと思います。


「お前はNBAにいける、NBA行くぞ」

「お前はマイケル・ジョーダンみたいだ」


・・と「褒め続けてくれた恩師」だからこそ、「今でも一番に連絡する恩師」なのでしょうね。

(更に本人の努力も相まって頂点の入り口に立つことができた)


例えば「月に行くぞ」と誰かが言わなければ、「誰も月に辿り着くことは無い」訳です。


自らと自らの環境に置き換えて想像すると「その気にさせる技術」が無ければ、NBAに指名されることも無いのです。


上司たるもの「その気にさせるマネジメント」を心掛けたいですよね。








13回の閲覧

最新記事

すべて表示

コミュニケーションギア

建設・土木現場では、極力重機などの騒音が発生しないように努力していますが、それでも何もしないよりは「うるさい」です。 市街地では、道路規制や近隣の状況に鑑み、やむを得ず総合的に夜間工事を行う事などもあり、現場担当者はかなり気を使っています。 (自分もそうでした・・) ただ、作業に集中するあまり、指示や連絡などの「声」がついつい大きくなってしまう事も多々生じます。 そのような時は非常に近隣に迷惑が掛

Mavic Mini

建設業でドローンといえばDJIですよね。 既にご存知の方も多いと思いますが、Mavic Miniが発売になりました。(私も買いましたよ!) 折りたたみ式で、2.7Kの映像が撮影できる、DJI史上最も小型なドローンです。重量は日本仕様で199kgで製造されるため、今までより手軽に使用することが出来ると思います。 MavicMiniの操作にはDJI FLYアプリが必須になります。また、DJI FLYで

BIM/CIMポータルサイト

国土交通省は、より一層のBIM/CIM活用を促進するため、関連情報を一元的にまとめ、各資料にアクセス可能な「BIM/CIMポータルサイト【試行版】」を2019年8月に開設したそうです。 サイト内では、国土交通省が策定したBIM/CIMに関する基準・要領、日本建設業連合会や日本建設情報総合センター(JACIC)などの関連団体などが公表しているBIM/CIM関連情報へダイレクトにリンクしているとの事で

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com