セーフティーファースト?

施工計画書には「安全第一」と書かれている現場が多いですよね。

また、社旗を掲揚する現場事務所もあると思いますが、その場合も「安全第一」と掲げていると思います。


安全書類をみる機会もありますが、どの会社もたいがい「大同小異」です。


また最近では「安全第一の意味・背景」を理解していない土木技術者も増えたように思います。

(否定する訳ではありませんが・・)


では安全第一を謳う建設会社は「本当にセーフティーファースト」なのでしょうか?


と、何でも物事を違う角度から見るのが好きな私は、そのような現場をみると「では第二は何ですか?」と質問することにしています・・・笑

(意地が悪いね)


安全第一の生まれた背景は、1900年代初頭、アメリカで誕生したもので

・USスチールは多くの労働災害を何とか減らせないか、と当時の経営方針を

「生産第一、品質第二、安全第三」から「安全第一、品質第二、生産第三」に変更したのですが、それが日本に入って来て今に至る・・といったところです。


つまり100年前のスローガンを現在も疑わず使っているということですね。


ちなみに私の知り合いの知り合い・・(笑)

の建設会社では「安全第二」を堂々と掲げている会社もありますよ。

(第一が何か、はココでは伏せておきます)


私があまり好まないのは「100年前の方針」を真似たまま、工夫が無いことだったりします。


「何を優先」するのか議論することが大事ということですよね。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

コミュニケーションギア

建設・土木現場では、極力重機などの騒音が発生しないように努力していますが、それでも何もしないよりは「うるさい」です。 市街地では、道路規制や近隣の状況に鑑み、やむを得ず総合的に夜間工事を行う事などもあり、現場担当者はかなり気を使っています。 (自分もそうでした・・) ただ、作業に集中するあまり、指示や連絡などの「声」がついつい大きくなってしまう事も多々生じます。 そのような時は非常に近隣に迷惑が掛

Mavic Mini

建設業でドローンといえばDJIですよね。 既にご存知の方も多いと思いますが、Mavic Miniが発売になりました。(私も買いましたよ!) 折りたたみ式で、2.7Kの映像が撮影できる、DJI史上最も小型なドローンです。重量は日本仕様で199kgで製造されるため、今までより手軽に使用することが出来ると思います。 MavicMiniの操作にはDJI FLYアプリが必須になります。また、DJI FLYで

BIM/CIMポータルサイト

国土交通省は、より一層のBIM/CIM活用を促進するため、関連情報を一元的にまとめ、各資料にアクセス可能な「BIM/CIMポータルサイト【試行版】」を2019年8月に開設したそうです。 サイト内では、国土交通省が策定したBIM/CIMに関する基準・要領、日本建設業連合会や日本建設情報総合センター(JACIC)などの関連団体などが公表しているBIM/CIM関連情報へダイレクトにリンクしているとの事で

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com