働き方改革?

土木・建設現場でも働き方改革が求められています。

(詳しい説明は省きます・・笑)


働き方改革関連法案、その一部である残業規制なども待ったなしの状況で、官民一体となって対策を講じているところで、長時間労働の是正や違法残業の抑止、労働生産性の向上などが大きな目的の一部となっています。


例えばその中の労働生産性の向上のために、「i-Construction」を導入し、生産性を高めようとしたとき、「新しいことを覚える為に残業が増えた」などという笑えない話が多いです。


少し昔の事例で考えてみましょう。

平面測量はアリダードからトランシット・光波測距儀にかわり、更にTSに変わり、座標管理出来ない現場は皆無と思います。


日進月歩の測量技術ひとつとっても、常に新しい技術を用いていることに「変わりはない」訳です。

(逆にいえば、今乗り遅れている会社もいつかは使うことが標準になる)


もはや「CADを使えない人」を現場では見ないですからね。


私は完全週休二日制は難しくないと思っています。

(自分の経験した範囲、見聞きした範囲では実績がありますし・・)


残業もしない「私定時で帰ります現場を構築したこと」が現役時代の自慢でもあります(笑)


必要なことは「働き方改革」を「働かせ方改革」にすることだと思いますよ。







34回の閲覧

最新記事

すべて表示

コミュニケーションギア

建設・土木現場では、極力重機などの騒音が発生しないように努力していますが、それでも何もしないよりは「うるさい」です。 市街地では、道路規制や近隣の状況に鑑み、やむを得ず総合的に夜間工事を行う事などもあり、現場担当者はかなり気を使っています。 (自分もそうでした・・) ただ、作業に集中するあまり、指示や連絡などの「声」がついつい大きくなってしまう事も多々生じます。 そのような時は非常に近隣に迷惑が掛

Mavic Mini

建設業でドローンといえばDJIですよね。 既にご存知の方も多いと思いますが、Mavic Miniが発売になりました。(私も買いましたよ!) 折りたたみ式で、2.7Kの映像が撮影できる、DJI史上最も小型なドローンです。重量は日本仕様で199kgで製造されるため、今までより手軽に使用することが出来ると思います。 MavicMiniの操作にはDJI FLYアプリが必須になります。また、DJI FLYで

BIM/CIMポータルサイト

国土交通省は、より一層のBIM/CIM活用を促進するため、関連情報を一元的にまとめ、各資料にアクセス可能な「BIM/CIMポータルサイト【試行版】」を2019年8月に開設したそうです。 サイト内では、国土交通省が策定したBIM/CIMに関する基準・要領、日本建設業連合会や日本建設情報総合センター(JACIC)などの関連団体などが公表しているBIM/CIM関連情報へダイレクトにリンクしているとの事で

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com