肯定的に否定する

複数の意味はあると思いますが、私は以下のように定義しています。


・批判とは良い所、悪い所をはっきり見分け、評価・判定すること。


・否定とはそうではないと打ち消すこと。


・因みに非難とは欠点やあやまちなどを責めとがめること。



といった具合ですが、この辺りが混同している人に出会うと「話がややこしく」なります・・(笑)


「批判」は言葉のニュアンスから悪い意味で受け取られる事が多いが、本来そうではありません。


また「否定」も同様ですが、私としては表現方法に技術があれば「肯定的に否定することが可能」な訳で、一番説得力が生まれると思っています。


「非難」は好きではありませんが、批判も否定も「非難とごちゃまぜ」に受け取られる事が多いです。



以前勤めていた建設会社では、「意見を出させやすくする目的」で「他人の意見を否定しない」なんていうバカなルールを設定していた事もありました・・・(汗)


これだと「ツマラナイ会議」になってしまいますよね。

(形骸化する報告会ならこれで良いですが、会議にする必要はないですよね)


先に述べたとおり「否定するには技術」が必要で、ディベートするには大事な基礎となる部分です。


キチンと意味を咀嚼することで、ボタンの掛け違いを予防することが出来ますし、無駄な会議をしなくて良いのだと思いますよ。





11回の閲覧

最新記事

すべて表示

コミュニケーションギア

建設・土木現場では、極力重機などの騒音が発生しないように努力していますが、それでも何もしないよりは「うるさい」です。 市街地では、道路規制や近隣の状況に鑑み、やむを得ず総合的に夜間工事を行う事などもあり、現場担当者はかなり気を使っています。 (自分もそうでした・・) ただ、作業に集中するあまり、指示や連絡などの「声」がついつい大きくなってしまう事も多々生じます。 そのような時は非常に近隣に迷惑が掛

Mavic Mini

建設業でドローンといえばDJIですよね。 既にご存知の方も多いと思いますが、Mavic Miniが発売になりました。(私も買いましたよ!) 折りたたみ式で、2.7Kの映像が撮影できる、DJI史上最も小型なドローンです。重量は日本仕様で199kgで製造されるため、今までより手軽に使用することが出来ると思います。 MavicMiniの操作にはDJI FLYアプリが必須になります。また、DJI FLYで

BIM/CIMポータルサイト

国土交通省は、より一層のBIM/CIM活用を促進するため、関連情報を一元的にまとめ、各資料にアクセス可能な「BIM/CIMポータルサイト【試行版】」を2019年8月に開設したそうです。 サイト内では、国土交通省が策定したBIM/CIMに関する基準・要領、日本建設業連合会や日本建設情報総合センター(JACIC)などの関連団体などが公表しているBIM/CIM関連情報へダイレクトにリンクしているとの事で

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com