色んな意味で・・

少し前に東海地方の工事現場で、歩行者の方が転倒し大怪我をされるという事故の記事を見かけました。怪我をされた方には心よりお見舞いを申し上げます。


(記事のリンクです。古くなると切れるかもしれません。問題がある場合は削除致します。)

https://hicbc.com/news/detail.asp?id=0004A9E0


私には詳細が分からないので、あまり適当な事も言えないのですが、記事を見た範囲で感想を言うと「色んな意味」で驚きました。


驚いた理由はいくつかあるのですが、特に大きい理由は「工事現場の歩行者通路に3cmの段差」が生じていたことです。


現場ヤードの中では段差など生じることは多々あるのですが、関係者は分かっているので基本的に問題ありません。


今回は「歩行者通路」として一般に開放していた部分なので言い訳は出来ないのだと思います。


また、私も市街地の歩道工事などを沢山行って来ましたが、現場を担当している時は「5m

m程度の段差」は修繕させていました。

(原則としてmm単位で擦り付ける、勾配なども気にしていた)


例えば「歩いて確認する」だけではなく、段差を拾いやすいスポーツタイプの自転車で確認したり、場合によっては車椅子を使って確認したり、「自分以外の立場に立って点検」もしていましたね。


記事によると目印として糸を張っていたらしいですが、その手段を批判する意味ではなく、「他に方法があった」と思ってしまいます。

(特に今は測量技術も進んでいますので・・)


更に「一般者の方や、交通弱者と言われる方々の目線」で現場を見ていない事も要因のような気がします。


いずれにせよ「対岸の火事でなく他山の石」としなければなりませんよね。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

コミュニケーションギア

建設・土木現場では、極力重機などの騒音が発生しないように努力していますが、それでも何もしないよりは「うるさい」です。 市街地では、道路規制や近隣の状況に鑑み、やむを得ず総合的に夜間工事を行う事などもあり、現場担当者はかなり気を使っています。 (自分もそうでした・・) ただ、作業に集中するあまり、指示や連絡などの「声」がついつい大きくなってしまう事も多々生じます。 そのような時は非常に近隣に迷惑が掛

Mavic Mini

建設業でドローンといえばDJIですよね。 既にご存知の方も多いと思いますが、Mavic Miniが発売になりました。(私も買いましたよ!) 折りたたみ式で、2.7Kの映像が撮影できる、DJI史上最も小型なドローンです。重量は日本仕様で199kgで製造されるため、今までより手軽に使用することが出来ると思います。 MavicMiniの操作にはDJI FLYアプリが必須になります。また、DJI FLYで

BIM/CIMポータルサイト

国土交通省は、より一層のBIM/CIM活用を促進するため、関連情報を一元的にまとめ、各資料にアクセス可能な「BIM/CIMポータルサイト【試行版】」を2019年8月に開設したそうです。 サイト内では、国土交通省が策定したBIM/CIMに関する基準・要領、日本建設業連合会や日本建設情報総合センター(JACIC)などの関連団体などが公表しているBIM/CIM関連情報へダイレクトにリンクしているとの事で

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com