Holostruction

Microsoft HoloLensに注目しています。

MR(ミクストリアリティ・Mixed Reality)技術により、新しい概念の施工管理を行う時代になると言われています。

MRの代表的な例としては、マイクロソフトが開発した「Microsoft HoloLens」です。 これは、3D表示が可能なホログラフィックコンピュータと専用のHMDを組み合わせて、現実の空間のなかに現れたホログラムの3D映像を見て、実際の手や体の動きで操作できる技術です。

詳しくはココ(Microsoft HoloLensを活用したプロジェクト「Holostruction」を読むと良いですね。

小柳建設さんの動画はココです。

(リンクに問題がある場合は削除対応致します)

動画を見るだけでワクワクしてきます(笑)


更に、HoloLensを活用し現場に位置出し(墨出し)を行ったり、出来形管理に活用するための活発なアプローチが行われているとの事ですよ。

また、出来形管理の精度を向上させるため、トプコンの測量機「LN-100」の高精度測位データを活用し連携させ、現在の位置を高精度かつ、リアルタイムに計測が可能だとの事です。


これは㈱インフォマティクスさんGyroEye Holo という技術が使用されています。

今までは精度が問題と言われていたのですが、その問題点とは「現場と3Dモデルの位置や向きを合わせるために、原点に置かれたマーカーから10m離れると現場と3Dのずれが3~4cmくらい出てしまうことで、もっと離れるとずれはさらに大きくなること」でした。

この技術により現場で使いやすくなりそうですね。


今後も要注目ですよ!

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

コミュニケーションギア

建設・土木現場では、極力重機などの騒音が発生しないように努力していますが、それでも何もしないよりは「うるさい」です。 市街地では、道路規制や近隣の状況に鑑み、やむを得ず総合的に夜間工事を行う事などもあり、現場担当者はかなり気を使っています。 (自分もそうでした・・) ただ、作業に集中するあまり、指示や連絡などの「声」がついつい大きくなってしまう事も多々生じます。 そのような時は非常に近隣に迷惑が掛

Mavic Mini

建設業でドローンといえばDJIですよね。 既にご存知の方も多いと思いますが、Mavic Miniが発売になりました。(私も買いましたよ!) 折りたたみ式で、2.7Kの映像が撮影できる、DJI史上最も小型なドローンです。重量は日本仕様で199kgで製造されるため、今までより手軽に使用することが出来ると思います。 MavicMiniの操作にはDJI FLYアプリが必須になります。また、DJI FLYで

BIM/CIMポータルサイト

国土交通省は、より一層のBIM/CIM活用を促進するため、関連情報を一元的にまとめ、各資料にアクセス可能な「BIM/CIMポータルサイト【試行版】」を2019年8月に開設したそうです。 サイト内では、国土交通省が策定したBIM/CIMに関する基準・要領、日本建設業連合会や日本建設情報総合センター(JACIC)などの関連団体などが公表しているBIM/CIM関連情報へダイレクトにリンクしているとの事で

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com